せどりや転売がビジネスとして成立していた理由

投稿者: |

せどりや転売がビジネスとして成立していた時代についてですが、まずせどりや転売自体が広く広まる前は、商品をきちんと第3者に提供することで収益を得ていたため、顧客と販売手には信頼がありました。

その為今では考えられないことだと思われますが、特商法の記載が無くとも販売者は購入者に対してきちんと商品さえを覚めていれば詐欺であるなどと言われることも無かったのです。

しかし、転売やせどりが高額ビジネスになると分るとある問題が生じ、副業ではなく専門業として転売を行うようになりある問題が起こっているのです。それは何かというと偽物の販売の他商品破損などのトラブルによる購入者と販売者とのトラブルです。これが起こり得るのも自然なことで、商品購入者は販売者の評価を口コミから見出しますが必ずしも口コミ通りの内容の商品を販売しているかなんかは分らないことが多いです。

その為、低額商品だけをまじめに販売し、高額商品は状態が悪くとも利益になると踏んでいる方が販売者であればボロボロや使い物にならない位破損している商品でも販売し利益を得ようとします。ここがせどりや転売と言うビジネスが成立しにくくなりつつある要因で要は、販売手に対して信頼できない状況下が多くなっているのです。

販売者側は信頼を失っていても商品さえ売れればそれでよいと考えた場合商品の品質は度外視で商品を売買しますので、購入者側はそうした商品に当たるとネットでの購入を控えてしまうのです。

こうなってくると本来は転売ビジネスは廃れるはずなんですが、転売者同士で商品を購入し合うのでビジネス自体は成立します。ただ、ビジネスは成立しますが購入者は同業者となりますのでいずれその商品が売買できないことを察すると商品販売を諦め、商品に対する補償を売買者側に求めるなどをして悪循環となるのです。

こうした経緯もあり転売ビジネスと言うのは利益を得ることが出来る反面利益を追求した場合、どのようなことでもやらないといけない為、転売者同士で商品を購入することもありますし、転売者同士でつぶし合うことも行わないとまず生き残れないのです。

ですのでこれを副業として進めるというのも現在では難しく、むしろ本業として商品を販売している方々がいますのでそうした人物と直接対決するだけのパワーが転売やせどり初心者の方に果たしてできるのかと言うことです。

そうした観点から転売やせどりは現在においてはビジネスとしては成立しにくく難しいビジネスになりつつあると判断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です