株価の選び方

投稿者: |

株式投資を始める際に、1番迷うのはどのような銘柄をどれだけ口にするかと言うことになるでしょう。もちろんかなりの資金があれば投資信託の形をとってプロに委ねることもできますが、一般個人投資家は自分で全てを選択する必要があります。
具体的な基準をいくつか挙げていきたいと思います。
まずはなんといっても数年間のチャート分析を行い、自分自身から見て安定しているのか今後値上がりが予測されるのかをしっかり見極める必要があります。そしてその基準としてその企業が新たなビジネスを展開しようとしているのか、安定期に入っているのか、数年後に大きな国際的な行事に関わろうとしているのかなどを合わせて見極めていく必要があると思います。
次に長期保有をするのか、短期での売買を検討するのかのポイントです。複数の銘柄を持ち合わせるのであれば長期保有と短期での売買を行う銘柄を併せ持つのが良いと思います。
あくまでも損得が大きく出ても短期で株価を処理したいと言うことであればIT事業や新興企業に対して投資をすることをお勧めしたいと思います。やはり、電力やガス、建設といった規模もそれなりに大きく、インフラを担うような企業については短期的に大きく株価が値上がり値下がりすることが少ないと考えられるからです。
次に自分自身が応援したい企業です。やはり自分自身の資産を投資するわけですから、その株式をいかに応援したいかどうか、これは非常に大きなポイントになってくると思います。株式投資を始める際に自分自身が単に機械的に投資をするのではなくこのようにお願いしたい企業投資することによって思いを持って日々のチャートを確認することができるのではないでしょうか。
そして、1番身近なところで行くと株主優待券などによって自分自身の生活を少しでも豊かにしたいと思える企業です。近所の大きなスーパーであったり外食企業。これらであれば自分自身のお買い物する際の商品券として利用できるので非常にありがたいです。もちろん、電車が好きであれば鉄道外車の株価を購入して乗車券等を優待券として入手することができれば非常に便利かもしれません。
以上のように株式は自分自身にとってどのような存在であり、どのようなメリット言いたいかと言う観点から銘柄を選ぶことになると思います。基本的には長期保有、短期保有の銘柄を合わせて保有することがリスクヘッジにもつながるのではないでしょうか。
以上のように株式は自分自身にとってどのような存在であり、どのようなメリット言いたいかと言う観点から銘柄を選ぶことになると思います。基本的には長期保有、短期保有の銘柄を合わせて保有することがリスクヘッジにもつながるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です